スポンサードリンク

占いにハマる

sakuraです。

いろんな占いってたくさんでていますよね。有名なのは星占い、誕生月占い、血液型(これは占いというよりは性格判断か?)、生年月日で占うもの、姓名で占うもの、誕生数で占うもの、動物占い、ちょっと調べればたくさん出てきます。で、結構、どうでもいいと思いつつも、毎朝ランキングなんていわれるとちょっと気にしてしまうのが「占い」

これにハマるとお値段もピンキリとなってきます。そこで一時期、タロットカードをどうせなら勉強して自分で占い得るようにならないかな〜と思っていたことがありました。

 

タロットカードって

タロットカードには大きく分けて二つの種類があります。が、その分類の比ではないくらいいまではいろいろ工夫されてできてていますよね。その中でも、一バノーソドックスな方法を学んできました。

学ぶといっても、本を読んで、その通りにカードを混ぜて並べて、出てきたものを本の通りに筋書きを作ってみる、ただそれだけなんですね。

それでも、実はいろいろ見えてくるものがあるんです。

いや、目に見えないものではなくて、ちゃんとした道筋というようなもの。

タロットカードというのは、特殊な能力とかそんなんじゃなくて、それで占おうとする人間の、心の奥底にある潜在意識のかけらを反映しているものなんですね。なので本人が気づいていないものが、タロットカードのあいまいな絵柄に映し出されてくるんです。潜在意識で考えていることなので、それが知らないうちに未来につながったりするんです。

 

タロットカードは当たるのか?

そういう潜在意識を利用しているのがタロットカードの本質だと考えています。なので、早い話が、当たり前のように当たるんです。

そもそも占いというのは、見えない未来を予知したものではなくて、過去と現在から未来を予測するための手段なんです。他の占いはどういう仕組みか知りませんが、タロットカードは当たるのか? という疑問に関しては、当たるという答えになってきます。

だから、心を落ち着ける必要があるし、本当に占いたいことを心に強く思うことが大切になってきます。

 

タロットカードは趣味

こんなにいろいろなことを学んできたタロットカードですが、それなりに魅力もあったのですが、結局、趣味の段階で手つかずになってしまいました。

その理由は、たんにめんどくさかっただけ。(・ω・ ;)(; ・ω・)

タロットカードをちゃんとやるには、それなりの手順を踏む必要があるんです。どちらもその場の空気を集中して合わせていかないと、カードを読みきれなくなるんですね。そのための場を作る手順が、めんどっちい(; ^ω^)

これを生業としている人たちは、やっぱり好きなんでしょう。そういう雰囲気作りが。でも私にはそこまで突き詰めることはできませんでした。