スポンサードリンク

いろんな経験をのこす

sakuraです。

旅のことや健康の情報なんかを書き連ねていると、活字として残してみたくなってくるものです。もちろん、こういったブログも形としては残りますが、なんとなく活字ってかっこいいですよね(・ω・ ;)(; ・ω・)

そこで出版ということを考えてみるのですが、やはりとっつきやすいのが、電子書籍出版ではないでしょうか。その最大手かもしれない、アマゾンキンドル出版について調べてみました。

 

本の出版形式

本の出版には大きく分けて、ペーパーかペーパーレスか、に分かれます。紙を使った方が、もちろんコストがかかりますが、ペーパーレスはコストゼロ。読みたい人が購入してダウンロードするだけです。

無料でお配りするわけではないので、ある程度体裁を整える必要があります。本として最低限の体裁とは、つまり、読む人が読みやすいかどうか? ですよね。 内容が読む人のためになるかどうかというものも大切ですが、体裁が悪いと詠んでいてちょっと違和感を感じるでしょう。

目次、ページ数の適正さ、章立てでわかりやすく、前書き、あとがき、表紙

こういったことが必要になります。

ぼんやり「こんなことについて書こうかな?」というアイデアが出てきたら、まずはタイトルを考えましょう。そのあとは、いきなり文章ではなく、サブタイトルですね。第1章・・・・ 第2章・・・ というふうにして、それぞれの章の名前をつけます。あとは各章ごとにこまかく分けていけば、その段落ごとに文章をはめ込んでいくだけです。

これで内容が決まったら目次と、前書き、あとがきを加えて、表紙画像を作ります。

 

アマゾンキンドルでの手続き

これはヘルプを読んでも、いろいろ調べても難しんですね。

でもまずは、Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシングサイトを見てみましょう。

それを参考にして、出版できるファイルに原稿を変換します。

アカウントを登録し、出版原稿の準備ができたらだいたいうまく進むのですが、
アカウント情報の登録で少し難しい事態が発生します。

それが税に関する情報です。

アマゾン本社はアメリカの会社なので、アメリカの税金がかかるかどうか、という情報を入力する必要があるわけです。

購入者が日本だけならいいのですが、外国在住の場合、そしてそれがバカ売れした場合、アメリカの税金がとんでもなくかかってくる、なんて可能性もあるわけです。電子書籍なので。

なので出版する人物が日本在住者ですよ、という証明みたいなものがいるようで、その確認のための情報登録が必要になってきます。

それが税に関する情報なんです。

詳しくは次回に書いていきます。
IRSのss-4(EINの申請)で悩んだら〜アマゾンKDP〜