スポンサードリンク

sakuraです。

私は、基本的に好きなことをして人生を送っています。

そのための収入源として、「雇われる」という選択肢を使ってはいません。

いわゆるネットビジネス(ブロガー)や投資をしております。

興味ある方がいるかと思い、しばらくシリーズで投資について書いてみようと思います。

 

ただし、投資で稼ぐためには相場の値動きをチェックする必要もありし、「裁量」というあやふやなものを鍛えていく必要があります。

さらにこのようにして稼げる自信がついてくると今度は、「相場に支配されているような状態」に陥りやすくなり、「投資で稼ぐこと」だけに目を奪われてしまって、とても「自由に生きる」という生活からは程遠くなる可能性が出てきます。

 

ある人は、投資で稼ぐ方法を確立した時、次のような感覚になったといいます。

 

「投資で稼げるようになると、まるでベルトコンベアで流れてくるお金をつかむような感覚になる。それ故に、自分がベルトコンベアの前にいない時の【手に入れられたであろうお金】のことを考えると、とてつもない喪失感に襲われる」

 

このような側面もあることから、「投資」をバラ色の世界と考えずに、投資の世界から生活費をいただいていくための手段程度に考えていた方がいいと思います。

 

「稼ぐこと」を目的とした投資ではなく、人生でのやりたいことの「資金を調達すること」を目的とした投資、という視点です。

これならば「目標額」さえ自分で設定しておけば、「稼ぐこと」に心を奪われず、意識を冷静に保てるのではないでしょうか?

 

なお、投資に関しては「かならず利益が出る」というものではありませんので、下記【リスクについて】を理解した上で、ご自分の責任のもとにおこなうようにしてください。

リスクについて

 

FXについて

FXというのは「Foreign Exchange」の略で、日本語で「外国為替証拠金取引」のことをいいます。

これは、異なる2国間の通貨(例えばアメリカドルと日本円など)を売買し、為替レート(たとえば1ドル=110円のように)の変動で生じる差金によって利益が発生する取引のことをいいます。

 

 

FXの特徴

FXは投資の中でも人気のある部類に入っています。その理由として次のような特徴が挙げられます。

  • 取引量・流通量が多い
  • 少ない資金から始めることができる
  • 平日であれば、いつでもインターネットで取引(トレード)できる
  • 自分でリスク管理をすることができる
  • 安定して利益を出すことができる

 

それぞれ解説していきますね。

 

取引量・流通量が多い

世界中の通貨が取引対象のため、取引が成立しないことはほとんどないといっていいです。

これが株の場合、買いたい株があっても売り手がいないことや、売りたい株があっても買い手がいないことがしばしば起こります。

 

少ない資金から始めることができる

レバレッジ(テコ)をかけることができるので、少ない資金でもその資金の何倍もの取引をすることができます。

たとえば資金が10万円あったとして、アメリカドルと日本円のレートが「1ドル100円」だとします。

  • レバレッジ1倍なら取引額1000ドル
  • レバレッジ10倍なら取引額10000ドル

相場が動いて「1ドル110円」に動いたとすれば

  • レバレッジ1倍なら取引額1000ドルは11万円になり1万円の利益
  • レバレッジ10倍なら取引額10000ドル110万円になり10万円の利益

となります。
(もちろん、相場が逆に動けば同量の損失にもなります)

 

平日であれば、いつでもインターネットで取引(トレード)できる

株の取引時間が平日の9時〜15時なのに対し、FXは平日であれば24時間いつでもトレードできるので、スキマ時間を有効に活用できます。

いまではスマホでもトレードできたりするので、ネットさえつながれば場所の制限すらなくなりました。

 

自分でリスク管理をすることができる

FXは投資金額を自分でコントロールできるため、相場が予想と逆に動いても「損切り設定」をしていくことで損失を限定することができます。

また、取引するタイミングを自分で選べるため、リスクの少ないタイミングでトレードできます。

 

安定して利益を出すことができる

FXに限らず投資全般にいえることですが、投資はギャンブルではありません。

正しい知識・スキル・資金管理を身につけさえすれば、安定して利益を出せるようになります。

 

 

FXで利益が出る仕組み

FXで利益が出る仕組みは次のようになっています。

 

アメリカドルと日本円の為替レートが、「1ドル=100円」のときに1000ドル買ったとします。
このときの資金は、レバレッジ1倍なら10万円となります。

その後、為替レートが「1ドル=110円」になってから1000ドルを売ったとすると、11万円になって返ってきます。

 

そうなると、「11万円ー10万円=1万円」の利益を獲得することになるんですね。

 

 

FXを始める時に必要なもの

FXを始めるには、最低でも次のものが必要になります。

  • 資金:最低でも5万円以上あるといいです。もちろんですが、あればあるほど取引量を大きくすることができます。
  • トレードの基本技術:カンや値ごろ感でトレードすると必ず破産します。
  • 資金管理:自分の資産を守れるのは自分だけです。必ず余剰資金(使っていない預金の10%以下が目安)で始めましょう。
  • 証券口座:FXを扱っている証券口座が必要です。

 

*証券口座について

海外証券会社と国内証券会社があります。

海外の証券会社は、レバレッジが最大200倍の証券会社が多く、資金量が少ないときに有効なんですが、基本的に英語でのやり取りが必要になってきます。
代表的なチャートソフトであるメタトレーダー「MT4」に対応していることが多いですね。

国内証券会社は、もちろん日本語対応なので安心ですが、レバレッジは法律上最大25倍となっています。
また、信託保全が国によって義務付けされていて、海外証券会社と比べると、スプレッド(手数料のようなもの)が安く設定されています。
MT4に対応している証券会社は少ないですね。

 

 

まとめ

投資についての基本的な認識と注意点、そしてFXについて基礎的な部分を説明しました。

基礎知識としてお役立てくださいね。