スポンサードリンク

ネットビジネスでは、ブログなどで情報発信をしていることも多いかと思います。

そういったブログを、ツイッターやフェイスブックといったSNSで広めようとすれば、ブログのURLを短縮する方が効果的です。

 

URL短縮はなぜ必要か?

たとえば、あるサイトの記事URLに
http://***.net/海外情報/

というものがあったとします。

これは記事アドレスを日本語タイトルのままにしているので
共有されるSNSによっては

「http://****.net/%***e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%af%e5%81%a5%e5%ba%b7%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ab%e5%b7%a6%e5%8f%b3%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f/」

というような長いURLになってしまうんですね。

これだけ長いと、「アヤシイところにとばされるのでは?」というように身構えますよね。

 

また、アフィリエイトのリンクも次のようなリンク表示になってしまいます。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=〇〇&iid=〇〇〇〇のようなURLになってしまって

これって、 [infotop] という表示のある通り、いかにもアフィリエイトっぽい感じになってしまいますよね。

どれだけいい記事を書いていたとしても、アフィリエイトっぽさを出してしまうことで、少し身構える人も出てくるのではないでしょうか?

つまり、クリック率に大きく影響してくるということにもなります。

 

そこでURLを短縮するのです。

 

無料のURL短縮ツール

こういったツールは、無料で使うこともできます。

たとえば先ほどの短縮ツールはGoogleのサービスです。

Google URL Shorter 

GoogleURL Shortera

使い方はいたってカンタン。

空欄の「Youe original URL here」というところに、短縮したいURLをいれて、「SHORTEN URL」をクリックするだけです。

 

もうひとつ、無料でURLを短縮できるサイトをご紹介します。

それはbitlyです。

 

これも使い方は超シンプルです。

短縮したいURLを入力して、ボタンをクリックするだけで、カンタンに短縮できます。

 

無料短縮ツールの注意点

このように無料でURLを短縮することはカンタンにできます。
SNSにブログを広めたいときに使うのもいいでしょう。

ツイッターなどは特に、文字数の制限があるので、有効に使えると思います。

 

ただ無料ツールの場合、次のようなデメリットがあります。

・管理者次第では終了もありうる
・アドレス編集や管理ができない
・アフィリエイトリンクとして使えないことがある

無料だからしかたないですが、アフィリエイト用には使えないというのはちょっと致命的ですよね。

また、アフィリエイトに短縮ツールをつかうのは、やめた方がいいようです。
たとえば、インフォトップというASPでは、次のような注意書きが記載されています。

インフォトップ注意書き

http://faq.infotop.jp/affiliator/5176?css=style_affiliator

 

 

つまり、先ほど紹介した「無料のURL短縮ツール」を使ってアフィリエイトをすると、報酬につながらない可能性が出てくるというのです。

 

それじゃあ意味がないですよね。
まさに死活問題です。

 

さらにいえば、こういった無料のツールは、いつ管理者の都合で終了されるかわからないというリスクが付きまといます。
せっかく収入を発生させていたアフィリリンクが、いつの間にか使えなくなっていたら大変です。

 

こういう場合、やっぱり次に紹介するような有料ツールを使ったほうがいいかと思います。

 

 

タイニードカーン・プロについて

特商法表記
販売者 株式会社オタケン 大田賢二氏
所在地 東京都千代田区
販売額 3980円(税込)
動作環境 Windows専用

タイニードカーン・プロは、ノンブラウザー型のURL短縮、かつ、クリック解析もできるツールです。

ノンブラウザー型というのは、ネットを立ち上げなくても使える、という意味です。

「そんなことが特徴になるの?」
と、思うかもしれませんが、結構こういう時間を削減できるのっていうのは大事なんですよね。

デスクトップにあるアイコンをクリックするだけでツールを起動できるのは、かなり作業効率が上がり、気持ちがいいと思いますよ。

作業削減のための機能でいえば、もうひとつうれしい機能があります。

それは、主要なASPに自動でログインできる機能です。

これはアフィリエイターにとって、とてもうれしい機能だと思います。

どのようなことかといえば、

一般的に、アフィリエイトリンクを短縮するときは次のような手順を取るかと思います。

1 ブラウザーでASPのサイトにログインする
2 特定の商品を検索してアフィリエイトリンクを生成する
3 そのリンクを コピーする
4 短縮ツール画面で貼り付けて短縮する

しかし、この「タイニードカーン・プロ」のASPログイン機能を使うと、ツールからそのままASPにログインして、直接アフィリエイトリンクを短縮できます。

つまり、かなり時間と労力の短縮ができることになるんです。

 

タイニードカーン・プロはも無料ツールの欠点をしっかりカバーしています。

・自分の管理しているサーバーに設置するので、もちろん終了はない
・短縮アドレスをカテゴリー別、使用媒体(ブログかメルマガか)別に管理できる
・アフィリエイトリンクとして使える
・どのURLが「いつ」、「どのくらい」クリックされたのかが一目でわかる
・リンク切れしているかを一斉にチェックできる

特に、クリック解析機能は、有料ツールと無料ツールの大きな違いだと思っています。

「URLを短縮さえできれば十分なんじゃねタイニードカーン?」
と、いう声が聞こえてきそうですね。

確かに以前は、URLを短縮さえできれば十分と思っていました。

しかし実はこのクリック解析機能は、ビジネスでとても重要なアイテムということに気づいたんです。

クリック解析ができるということは、
自分の書いている記事がちゃんと働いてくれているかどうか
を分析できるということになります。

・どの記事のリンクがいちばんクリックされているのか?
・どの記事へのリンクがクリックされているのか?

ということがわかると、記事の修正が可能になってくるので、どんどん記事の反応率を向上させる工夫をしていくことができるんですね。

 

タイニードカーン・プロの弱いところ

つまづくとしたらサーバーへの設置です。

タイニードカーン・プロは、自分の管理しているレンタルサーバーで初期設定する必要がります。
サーバーに設定した上で、最終的にノンブラウザーで使えるようになるんです。

サーバーへの設置方法はマニュアルに詳しく書いてあるので、そのとおり実行すれば問題ないと思います。

実際のところ僕は、その辺の知識がまったく無いにもかかわらず、あっという間に設置が終わってしまいました。

また、残念ながら、タイニードカーン・プロは、Macでは使えません。
Windowsパソコンのみで動作します。

Macユーザーが「短縮アドレス&クリック解析ツール」を利用したいのであれば、「ノンブラウザー機能」は捨ててウェブ上で操作する方法をとるしかありません。

 

 

「タイニードカーン・プロ」購入者特典

この記事経由で「タイニードカーン・プロ」を購入してくれた方には特典をおつけします。

【クリック解析の利用方法】
どうやってクリック解析を使いこなしていくかという、実践レベルのでマニュアルをアフィリエイター目線で作ってみました。

その内容は、

・アクセス解析やクリック解析はどこを見ていくのか?
・その結果からどういった対策をしていくのか?
・成約率を上げるためのチェック方法

というものになっています。

アフィリエイトするにあたって、DRM構築で気をつけるポイントも見えてくるので、かなり実践的な内容になっていると思います。
ぜひともお役立てください。

特典の受取方法は次のようになっています。

こちらのリンクから販売ページにうつります。

タイニードカーン・プロの販売ページ

 

こちらの表示が出て入れば特典を受けることができます。

インフォトップ特典画像
インフォトップ特典画像

表示が出ていることを確認して購入し、案内に従って特典PDFをダウンロードしてください。

タイニードカーン・プロについては以上となります。