スポンサードリンク

sakuraです。

鋼の錬金術師実写版が2017年12月1日に公開されるそうですね。

予告はこちら。

 

 

 

この予告動画を観て思ったことは「まさか・・・」とした言いようがありません。

 

あの名作マンガである「鋼の錬金術師」が、まさか実写版になるとは思ってもいませんでした。

 

ツイッターでは批判の嵐です。

 

 

sakuraはここまで過激に批判はしませんが、でもちょっとファンとしては悲しいですよね。

鋼の錬金術師は、アニメでもフルモデルチェンジをするくらい(同じ原作で2回アニメ化されています)超有名な作品です。

アニメでは、マンガでは表現できないような多彩な素早い動きが表現されていて、さらにファンを獲得させました。

そして2回目に公開されたアニメ、「鋼の錬金術師 fullmetal alchemist」ではそのオープニングとエンディングソングがこれまた作品のシチュエーションとマッチしていて、とても良かった記憶があります。

しかし実写版では、まず、アニメで表現されていた動きがCGでごまかされているのが見え見えだし、キャストの演技は原作のイメージをがた崩ししまくりです。

目に余るくらいのひどさですね。(MISIAは好きです)

ツイッターなどでも言われているように、「ビジネスありき」の実写版としかいいようがないですよね。

 

鋼の錬金術師のキャスト陣

  • エドワード・エルリック:山田涼介
  • ウインリィ・ロックベル:本田翼
  • エドワード・アルフォンス(声):水石亜飛夢(あとむ)
  • 主題歌:MISIA

おもなキャスト陣はこのようなところでしょうか?

それぞれファンの方もいらっしゃるので、完全否定はしたくないですが、原作をここまで歪めた実写版はあまりないのかと思います。

エド役はジャニーズ系だし、アルの声はなぜか「釘宮理恵」さんじゃないし、なんなんでしょうね?

実写化でファンを見るに忍びないくらい泣かせた名作マンガ

最近では、進撃の巨人実写版がかなりの駄作という評判でしたね。

これも、原作やアニメがとても売れたので、その恩恵にあやかろうと実写化したものです。

ファンにとってはこれほどひどいダメージはないので?

と思えるくらいの仕打ちです。

鋼の錬金術師実写版もこれに加わる確率が高いとしたら、こわいですね。