スポンサードリンク

マシンがこわれた

sakuraです。

帰国したら、マックが急にOS変更をはじめました。
それはそれで、いままで自動ダウンロード設定になっているし、これまでももんだいなくインストールできたので、よかったはずなんですが。。。

「インストールに失敗しました」

初めて見るメッセージ。

再起動してもできない、セーフモードにしても電源は落ちる、もとのOSにも戻れない

さいわい、ipadがあったので、それでいろいろ調べてもどうもわからない。

と、いうことは、新しいOSの仕業ではなさそうです。

さすがに焦りました。
このマックにはほとんどのデータが入っています。頭脳の代わりみたいなもんです。もしそのデータが消えていたら。。。とおもうと心配になりました。

そう、バックアップを取っていなかったのです。

マックの場合、icloudという機能があります。
写真や連絡先、icloudメールはそこに保管されているからいいにしても、それ以外はパソコンのハードに入っています。

あれ〜状態ですね。

 

バックアップの大切さ

それまでは、
というか、
いままでは、icloudがあるから、マックは壊れないから、なんて意味不明の理由でバックアップを軽視していました。

いや、マックのバックアップ機能である「タイムマシン」を使おうというつもりはありましたが、外付けハードディスクが必要だったので、後回しにしていたのです。海外にわざわざ持っていくまでもないだろう。。。という甘い考えを持っていました。

マックのアプリ内にない、写真、音楽、ビデオ、書類は「タイムマシン」を使わないとバックアップできないのです。

 

頼みのgenias

マックサポートを探しました。

もう頼りにできるのは、すがれるのは、マックサポートチームgeniusしかありません。

近場のショップを見つけて予約を取り、持ち込みました。

なんかのコードをさしこむと、

あれだけ応答のなかったマシンが動き出すではないですか?

どんな魔法を使って入るんだろう???

そこで、マシンの診断が始まりました。

G「う〜ん。やばいですね〜」

S「な、なんですか?」

G「ハードやっちゃっているかもしれませんよ」

S「が〜ん!」「ガチョーン」

いちおう、DVDにうつせるか試してもらい、できるだけ書類フォルダから移動しました。プレビューで見れるのでなんとかなりそうです。

しかし容量の関係で、DXDに全てを写せるわけではありません。

写真や音楽ファイルは諦めるしかないようです。

 

ハードディスク交換

結局、持ち出せるデータはなんとか持ち出して、ハードディスクの交換ということになりました。

ぎりぎり、安くて確実な手段をあたえてくれて、

まさに天才集団

マックサポート

ありがとう!!!

でも、バックアップは大切です。
みなさん、とりましょうね。