スポンサードリンク

なぜか惹かれるオープンカー

sakuraです。
実はだいぶ前からオープンカーに乗りたくてたまりません。と、いうか、オープンカーが気になりだしてから、普通のクルマに興味が湧いてきません。

7人〜8人乗れるファミリーカーも、コンパクトな普通自動車も、小さくても大容量な軽自動車も、荷物運搬用の軽ワゴン車も軽トラも、あまり差がなくなってしまったのです。

もちろん、高級車は高級感があるし大衆車は燃費や容量というものは大事ですよね。それに比べたら、オープンカーは、基本的にスポーツ系なので、それほど燃費がいいわけじゃないし、そもそも、荷物が乗りません。

それなのになぜオープンカーに惹かれるのでしょう?

 

ファミリーカーに乗っていた頃

ある時期、たくさん人が乗れるファミリーカーというのか、ワンボックスタイプの車に乗っていました。「家族みんなが乗れるといいいな〜」と思ったからです。

でもけっこう、みんなそれぞれ予定がありますよね。sakuraも職場と家を往復する毎日で休日は自分の趣味活動。とてもみんな引き連れてどこかに遊びに行くなんて時間が取れませんでした。

どんなに大きい車に乗っても、通勤に使っているのがメインだったら、一人で乗っている時間が長いんです。とても快適な車だったのですが、その余分さ、というか無駄に思えるスペースがだんだん心苦しくなってきました。

ちょっと想像してみてください。ひと月30日だとして、そのうち21日くらいはひとりで大きな車に乗っているんです。しかも通勤距離は20km程度。宝の持ち腐れとしか思えません。

そのストレスが大きかったのか、車を売って中型バイクを購入するという暴挙に出ました。昔乗っていた250ccの時から憧れていた、400ccネイキッドバイクです。ちなみに大型二輪免許はないので400ccまでしか乗れません。雨の時は大変でしたが、やっぱりバイクはサイコーに気持ちいいです。

 

オープンカーの便利さ

バイクはサイコーに気持ちいいのですが、コケる危険性があるのと雨や雪の時の煩わしさがあるんです。そこで次第にオープンカーに目が行き出したんですね。

いまどきのオープンカーは、屋根が自動で開閉するんです。
雨が降ったら、ちょっと止まってあっという間。車種によっては、ゆっくり走りながら開閉可能。しかもコケない。

4輪のバイク感覚というところでしょうか。

4輪のバイク感覚なので、他のクルマのように荷物とか人数とか燃費とかを考慮に入れてはいけません。あくまでも倒れなくて屋根のあるバイクと考えるべきです。

 

最後は遊び感覚

とはいっても、クルマを持つ人の大半は、荷物が積めるとか人が乗れるとかそういう基準で選びますよね。まさか、2人までしか乗れないとか、ちょっとした買い物でも荷物を置くところはトランクしかないとか、そういうのは選ぶ対象外になってくると思います。

だから、オープンカーは、たぶん遊び感覚で選ぶことになるんでしょうね。

このクルマに乗ったらどれだけ楽しいことを体験できるか

それが選ぶ基準になると思います。