どうなってる? iPhoneバッテリー交換 配送修理がすすまない
スポンサードリンク

iphpne7のバッテリー交換を思い立ち、不安を抱えながら右往左往した顛末です。

iPhpneのバッテリー交換が無料?

ことの顛末は、そもそもiPhoneの特定バージョンで、バッテリー交換が無料で行われるというニュースを目にしたことです。

持ち込み修理でもしようか

どうせなら年末にアップル代理店に行って、「持ち込み修理」を依頼しようと思っていました。

ギリギリの方がバッテリーの持ちも少しは長くなるだろうというこすい考えからです。

しかし・・・

12月に入ってから、アップルのサポート経由で持ち込み修理の予約が取れなくなりました。

なにかの不手際かと思っていたら、どうやら予約が殺到してまったく枠が空かない状況のようです。

配送修理に転換

このままでは2018年のうちにバッテリー交換は難しいと考えて、さっそく「配送修理」サポートに方針を転換しました。

宅配業者が引き取りに来てくれます。

しばらくiPhoneとは離れますが、「せいぜい7日くらいならまあいいか」と安堵していました。

サポート状況が全く進まない

宅配業者が引き取りに来て1週間。

まったくサポート状況が進んでいないことに気がつきます。

そもそも端末がないので状況を把握できなかったのですが、たまたまマックブックとアップルIDをリンクしていたので助かりました。

そしてサポート状況を確認してみると・・・

「梱包箱をお届け中」???

「いやいや、もう宅配業者からリペアセンターに届いてるでしょ」

とつっこみたくなる状況です。

待てど暮らせどこの画面は変わりません。

受け付けましたという表示に変わるのは

やっとこの状況が変わるのは、配送依頼してから約3週間後。

「担当者が修理状況を確認中」という表示に変わります。

7日間で戻ってくるはずが、どうやら受け付けすらできずに20日間も待機状態だったようです。

私と同じことを考えているiPhoneユーザーがどれだけいるのだろうと想像できなかったのは痛いですね。

修理が完了しました

この表示に変わるのをこれほど心待ちにしたことはありません。

なんとか年内には我がiPhone7に再開できそうです。

11月末に申し込んで、12月上旬にリペアセンターに届き、12月もなかばを過ぎてから受け付け開始。

それ以降はあっという間に交換は終わり、戻ってくるのは12月下旬。

かなりかかりましたね。

アップルさん、おつかれさまでした。